本文へスキップ

河内長野市の泌尿器科/皮膚科/透析診療クリニック。三軒医院です。

電話でのお問い合わせはTEL.0721-52-2252

〒586-0026 大阪府河内長野市寿町 3-46

クリニック案内clinic guide

理事長ごあいさつ

院長写真

三軒医院は昭和61年(1986年)7月1日に血液透析センターを併設した泌尿器科専門医院として、この河内長野市で開院し、和歌山県立医科大学、国立大阪南病院(現大阪南医療センター)での26年間の経験を生かし地域医療に貢献してまいりました。

この度、6月から透析センターのより一層の充実を図る為、30年の実績をもつ伊藤 聡先生を院長に迎えました。
泌尿器科外来診療は引き続き、森本名誉院長、南方副院長が担当し、大阪南医療センター、近畿大学の応援を得て、患者さんに満足して頂ける医院を目指して頑張って参ります。

平成30年6月1日  医療法人 三軒医院
理事長 三軒 久義


名誉院長 森本 鎭義

写 真

河内長野では泌尿器科専門医が常勤する数少ない医療機関であり、開業医の先生からも多くの患者様のご紹介をいただき、今後も期待に応えていきたいと思います。

外来レベルで行うことのできる、泌尿器科諸疾患の診断と治療のほか、包茎、パイプカットなどの小手術、慢性腎不全でのシャントなど、外来手術も行っています。

これからも、より充実した医療を提供し、また国立大阪南医療センターや近畿大学付属病院など基幹病院との連携も密にして、地域医療に貢献したいと考えております。


院長 伊藤 聡

写 真

平成30年6月より三軒医院の透析管理を担当させて頂くこととなりました。

私が透析患者様に関して重視していますのは、すべてのスタッフが一丸となって合併症を見逃さないという姿勢、そして患者様自身による生活管理の大切さです。

 また透析患者様とは生涯にわたるお付き合いになることも少なくありません。患者様が100人いらっしゃれば100通りのライフスタイルがあります。長いお付き合いを続けていく上で、それぞれのお人柄や人生観はもちろんのこと、家庭環境や職場環境、時にはご家族の健康状態にも配慮をしながら診療に臨むことを心懸けております。どうぞ宜しくお願い致します。


副院長 南方 茂樹

写 真

尿の勢いが弱い,切れが悪い,男性に多い症状で前立腺肥大症が疑われます。60歳を過ぎて前立腺癌を心配される方,血液検査で早期に見つけられます。

尿意を感じたらトイレへ駆け込まないと漏れてしまう過活動膀胱は女性に多い病気ですが、最近では副作用が少なく良く効く薬が開発されています。

排尿のトラブル、悩みは毎日の生活の質を損ねるものです。ひとりで悩まず、なんでもご相談してください。


皮膚科専門医 橋本(三軒) 佳子

写 真

13年間の近畿大学病院勤務を経て、2012年4月より、当院で皮膚科を開設いたしました。

最近では様々な薬剤や機器も増え、治療の幅が広がってきています。皮膚のあらゆる症状に関して、是非ご相談下さい。

また、シミやイボ、くすみなど美容に関しても自己で判断して悩まずに、一度受診して頂き、それぞれにあった治療法をご提示致します。

生まれ育ったこの地域に根差した医療を、精一杯努めさせて頂きます。




医師 清水 信貴

写 真

この度、ご縁があり近畿大学より毎週火曜日午前に外来応援に来させていただいております。
近畿大学と三軒医院との密な連携によって患者様に最新、最適な治療をご提示させて頂きます。お気軽にご相談ください。

略歴:
平成13年 近畿大学医学部泌尿器科 研修医
平成14年 NTT西日本大阪病院 泌尿器科 常勤嘱託医
平成16年 近畿大学医学部付属病院 泌尿器科助手
平成18年 耳原総合病院 泌尿器科 医長
平成21年 近畿大学医学部付属病院 泌尿器科助教
平成27年 近畿大学医学部付属病院 泌尿器科医学部講師
平成27年 アメリカ・ピッツバーグ大学泌尿器科 留学
平成29年 近畿大学医学部付属病院 泌尿器科医学部講師

資格:
日本泌尿器科学会専門医、指導医 癌治療認定医、性機能学会専門医、排尿機能学会認定医、
医学博士

受賞歴
 第1回 大阪泌尿器科臨床医会学術奨励賞、第73 回 日本泌尿器科学会 坂口賞

所属学会:
AUA(アメリカ泌尿器科学会)、ICS(国際禁制学会)、日本泌尿器科学会、日本排尿機能学会、日本性機能学会、日本癌学会、日本透析学会、日本泌尿器内視鏡学会など


スタッフ

透析室室長
牧尾 健司



Sangen Clinic三軒医院

〒586-0026
大阪府河内長野市寿町 3-46
TEL 0721-52-2252
FAX 0721-53-3870