本文へスキップ

河内長野市の泌尿器科/皮膚科/透析診療クリニック。三軒医院です。

電話でのお問い合わせはTEL.0721-52-2252

〒586-0026 大阪府河内長野市寿町 3-46

透析診療案内Dialysis info

概要

施設写真

通院でのブラッドアクセス(シャント)作成から透析導入、そして維持透析まで一貫した治療を行います。
シャント造設後の血管狭窄に対して経皮的血管形成術(PTA)も当院で行っています。

多くのスタッフを配置して透析中のきめ細かい管理やフットケアも行っています。日常生活や食事療法などの問題について親身に相談に乗り、ご家族とのコミュニケーションも大切にしています。

送迎が必要な患者様はご相談ください。



透析液の清浄化


当院では、開設当初より透析液清浄化に取り組み、2008年日本透析医学会が提唱している置換用透析液水質基準を全ての透析装置で達成しています。

 透析用水 殺菌数 100CFU/mL 未満
ET 0.05EU/mL 未満 
 透析液 殺菌数 100CFU/mL 未満
ET 0.05EU/mL 未満 
 超純粋透析液 殺菌数 0.1CFU/mL 未満
ET 0.001EU/mL 未満 
 置換用透析液 殺菌数 10-6CFU/mL 未満
ET 0.001EU/mL 未満 
 日本透析医学会(JSDT)透析液水質基準 2008

透析液作成工程

RO装置

透析液を作成する時に水を使用しますが、原水として水道水を用います。
水道水は、水道法で定められた基準があります。しかし、あくまで飲料水としての基準です。この水道水を透析用希釈液にするには浄水しなければなりません。
浄水された透析用希釈水を安定供給するため、ナノ膜、RO膜を透過した水が透析用希釈水となります。
さらに浄水行程での細菌汚染対策として熱水消毒を行っております。この浄水行程と熱水消毒により、透析液用希釈水では細菌やエンドトキシンが検出感度以下となっています。

透析液ラインフィルター

粉末透析用剤は溶解装置で一定の濃度に溶解されます。溶解された透析液をきれいな状態で送液するため、送液ラインの途中に工夫したラインフィルターを設置しています。
ラインフィルターの設置により、多人数用透析液供給装置から各ベットダイドの透析用監視装置まで細菌やエンドキシンが検出感度以下となっています。

透析用監視装置

2012年、最新鋭の全自動透析用監視装置 39 台(内3台がオンラインHDF対応)と個人用透析装置、透析情報管理システムを導入しました。



Sangen Clinic三軒医院

〒586-0026
大阪府河内長野市寿町 3-46
TEL 0721-52-2252
FAX 0721-53-3870